最終チェック!これがあるのとないでは雲泥の差です

ゴミや汚れがついていないかチェック

ブランド品の買取りに限ったことではありませんが、中古買取であって買取りアイテムがきれいであればあるほど高価買取につながるものです。そのため、買い取り業者へと査定に持ち込む前に、ある程度買取りアイテムをきれいにしているかをチェックするとよいでしょう。汚れがついているブランド品ときれいに磨かれている新品に近いブランド品とでは、その査定額には雲泥の差があります。もし、購入した後にあまり使わずにいたのならば、そのまま査定に出すとよいでしょう。しかし、汚いからといった無理に汚れを落とす必要はありません。ブランド品は繊細なものが多いので、無理にきれいにしようとすると、却って傷がついてしまう可能性があります。ほこりや汚れを軽く払う程度で良いでしょう。

保証書や付属品を忘れていないかチェック

高級ブランド品を購入した際に、必ずといってよいほどついてくるものが保証書です。購入した品物が、本当にその高級ブランドのアイテムなのかどうかを証明するものであり、高価買取査定には非常に重要なもののひとつです。専門店でないと、本当に高級ブランドのアイテムなのか、よく似た模造品なのかを判断することが難しいですが、保証書があればそれも比較的簡単にできます。疑いが少なくなるので、高価買取査定がつくでしょう。また、付属品も購入時と同じものをそろえているかのチェックも重要です。高級ブランドを購入した際には、ブランドのロゴが記されている箱や付属アイテムなどがついてくることがあります。これらがそろっていると、高価買取査定となるでしょう。